人気ブログランキング |

年内最後

年内読み終えた小説総ざらい☆

「罪の声」
グリコ森永事件を題材にした話。30年前の事件を追う記者と、犯人の子供(自分と同世代)の両方の視点で話が進んでいきます。ノンフィクションなんじゃないかと思うくらいリアルで、読み応えがあって、なんとな切ない。子供(小学生)のころ、グリコのお菓子が店頭から無くなったのを今でも覚えてます。
年内最後_f0098628_11301955.jpg



「人生相談」
短編の集まりと思いきや繋がってきます。群像劇モノが好きなので☆
たしかに2度読みしたくなります。時間があるときに相関図を描きながら読むと、より面白いと思います。
年内最後_f0098628_11362877.jpg



「四月になれば彼女は」
何の前情報も無しに本屋で手に取った小説。気になる題名と綺麗な装丁と、星野源のコメントで購入決定(笑)
風景の描写が丁寧なので、目に浮かんできそう。間違いなく映画化されると思います!
年内最後_f0098628_11393795.jpg


「七十歳死亡法案可決」
タイトルが過激!
2年後に施行される。介護を受けるワガママな祖母、介護疲れの母、自分勝手な父、仕事をやめて引きこもりの息子、実家から離れた娘。そして総理の狙い。
これだけみると。重苦しい内容みたいですが、実際のところは全然おもしろく読めます☆
特に、それぞれの言い分が面白いです。このままの日本ならありえる話かも...でも過激です!
年内最後_f0098628_11463708.jpg



「あの子が欲しい」
就活の企業の採用側のはなし(”何者”の別角度って感じです。)
ブラック企業のレッテルを貼られた企業のイメージアップの図り方。
駆け引きや今の就活が少し見れて面白いです☆
ただし、主人公の女性は好きじゃない!どちらかというと嫌いなタイプ。
だから最後までゔーん...って感じでした(笑)
年内最後_f0098628_11513443.jpg



「連続殺人鬼 カエル男」
今年最後の作品としては描写がキツめでした!
装丁に騙されたらダメです!!でも話は二転三転して面白いです☆
ただし、映像化は反対! 冷たい熱帯魚みたいなことになる(笑)
年内最後_f0098628_11565872.jpg







by haya-lee | 2016-12-30 22:29 | つぶやき